スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年を入線車輌で振り返る⑥トワイライトエクスプレス編。

2015年を入線車輌で振り返るシリーズも今回で最終回です。
とうとう今年もあと17時間ほどです。
色々ありましたが、KATOの攻勢がやばいくらいな一年でした。
来年はあのメーカーとかあのメーカーとか大丈夫かな?なーんて思いつつ、本日は今年一番の大騒ぎ、トワイライトエクスプレスとその牽引機のお話しです。
〈1月25日〉EF81トワイライトエクスプレス色

〈1月25日〉24系トワイライトエクスプレス 10輌

〈2月15日〉ED79

〈7月8日〉DD51北斗星色 2輌

この世界に帰って来た時に、どーしても揃えたい編成が2つありました。
1つは特急つばめの茶色い頃のもの、そしてもう1つがこのトワイライトエクスプレスです。
もともとが客車編成が大好きな人でしたので、国鉄型からの改造車の中でも個人的に傑作だと思っておるトワイライトエクスプレスは是非揃えたい編成でした。
ただ、復帰当時はまだ鉄道模型がすぐになくなるものと云う認識が無く、いつでも買えるわぁ~とのんびりしておりました。
そうこうしておる内に実車の廃止がアナウンスされ、アッと言う間に市場から消えたのも記憶に新しいところ。
ようやく昨年の11月の予定品としてアナウンスされたものの、やって来たのは年が明けた1月の末でした。
待ち焦がれた出会いに心躍ったのは言うまでもありません。
待たされた分エエ事もあった様で、旧ロットより塗装が段違いに良い様です。
それでもTOMIXよりは明るい様ですが、色番号通りに塗ったのがKATOで蛍光灯の下で見ることを考慮したのがTOMIXなんかな?と勝手に解釈しております。
或いは、寝台特急と云う性格上、夜景の中を走らせる事を考慮して明るめの発色にしてあるのかも知れません。
ただ、81だけでは北海道に上陸出来ませんよね、という訳で先ず導入したのがED79です。
そもそもトワイライトを購入したポイントで同時に買おうと思っていたんですが残念ながら在庫がなく、大阪の北摂地域にあるお店でようやく見つけた物です。
ファインスケールになって、見た目は凄く良くなっておるのですが、ちょこっとウェイト不足の様でして、トワの10連はオッケーなんですが、北斗星の12連はちょいきつめです。登りは勢いよく走らないと登らないですね。
この辺り、固定式のレイアウトに取り掛かるならば、勾配は3%以下にしないといけないようです。
7月に満を持して再販されたDD51北斗星も、ウチでは初の重連にて入線です。
これカッコ良いですね…。
今まで、不思議なくらいにDLには縁が無かったんですが、今年は一気に3輌も入線しました。
ちょこっと協調が怪しい時がありますが、連結してしまえばちゃんと仕事してくれます。
年明けの茶色いDF50もヤバいですね。
欲しいものだらけです。
さて、このトワイライトエクスプレスですが、ウチでは初の室内灯装着車輌となりまして、ド派手に光りながら走り回っております。

こうなって来ると、窓が大きくて中身丸見えの車輌もございますので、エヌ小屋の室内表現シートなんてものまで手に入れちゃいました。

やはりトワさんは飽きさせてくれないようです。
さてさて、6週間にわたりまして今年の振り返りを行って参りました。
お付き合いいただいた皆様ありがとうございます。
次々導入したい車輌は数多あれど、まずはその舞台である本線の整備を充実させないと、良い加減走らせない車輌が増えそうです。
間も無くやって来る2016年も、ゆる~くまったりとお付き合いいただければ幸いであります。
      
トワが出て来る動画は結構作ったんですが、初めの頃の感動をこちらで感じて下さいませ。
お座敷レイアウト~トワイライトエクスプレス入線~
そしてレンタルレイアウトでの走行風景はこちらでどうぞ。
レンタルレイアウト探訪。~大阪・住之江 鉄学館~
レンタルレイアウト探訪~京都 梅小路“三光堂~
Swallowtail@yahoo?
http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/
   
スポンサーサイト

2015年を入線車輌で振り返る⑤81-81と青い旧客とやっと報われた80系編。

きっと君は来ないと歌われたクリスマス・イブです。
子供達はプレゼントの中身を想像し、街じゅうのサンタクロース達が家路を急ぐ中、男女の駆け引きが年内最高潮を迎えるイエス様の誕生日の前日に、今年の入線車輌から2015年を振り返るシリーズの第5弾です。
今回は、既存の車輌を更に引き立たせる車輌達のお話し。
〈2月15日〉オハフ33&オハ35


〈4月29日〉EF81-81

〈6月30日〉80系準急“東海 比叡”増結4輌セット

いずれも名脇役的な活躍を見せてくれている車輌達なんですが、先ずは青い旧客2輌。
それまでは、旧型客車は茶色いものしか持っておらず、青いのが入ると編成に変化が出て現役っぽくなるよなぁと感じておりました。
たまたま他の買い物のポイントで少し安く入手出来る機会があり、行っちゃえ~と勢いに任せて入線させた記憶があります(笑)
バラの旧客が10輌になりまして、ご覧の様にTOMIXの10輌入りケースに収まっております。
その内KATOのんに取り替えたいと企んでおります。
81-81も衝動買いに近いです。
トワの81があまりにもカッコよく、走行性能も素晴らしかったため、正調のローズピンクも欲しいなぁと思っていたところに運悪くジョー○シンの予約受付を目にしてしまったため入線と相成った機関車です。
手に取ってみると、その光沢の素晴らしさに驚いたのを覚えています。
テッカテカやなぁと。
DD51のお召し仕様機のナックルと交換しようと考え、江坂の総本山までわざわざ行ったのにすでに無かったのは良い思い出です。みんな考えるこたぁ一緒なのね~(笑)
そして東海比叡さんこと80系の増結セットが満を持して入線です。
思えば昨年の正月、京都のポポンデッタにて購入した基本セットの動作確認のつもりですぐにレンタルレイアウトで走らせ、その面白さを教えてくれた、当鉄の“貸しレのクイーン”はしかし、なかなか増結を揃えてもらえない不遇の子として過ごしておりました。
動力ユニットの全バラしも随時行い、調子自体はそこそこエエんですけどね~。
そんな80系もようやくフル編成となり、室内灯とヘッドマークの取り付けも行い、一先ず一人前となりました。

年が明けてからもがっつり走らされそうな予感です。
さてさて、このシリーズも次回で最終回です。
メリークリスマス♪
Swallowtail@yahoo?
http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/






   

2015年を入線車輌で振り返る④50系レッドトレイン編。

あと2週間で終わりを迎える2015年を入線車輌で振り返るシリーズの第四弾です。

今回はウチに養子に来た列車のお話し。

〈3月1日〉DD51(TOMIX)


〈3月1日〉50系筑豊編成(マイクロエース)


〈3月1日〉オハフ13(KATO)



この世界に帰ってきて、初めてお誘いをいただいて出かけたのが寺田町にあったてつどうかんでした。

で、お誘いいただいた張本人様よりいただいたのがこの編成でしたね。

自分が客車客車言うてるのを覚えていただいていて、絶妙にチョイスしていただいたと記憶しております。

それまで、人様に自分の所有車輌をお譲りすると言う発想が無かったので、色々な意味で考えることの多い入線でありました。

で、先ずはDD51の付属パーツを集めるのに初めてTOMYのテックステーションで通販を利用しました。

ナンバープレートとTNカプラーなんですが、残り在庫が僅かでちゃんと発注が通るかドキドキでしたね。

特にTNカプラーは、かもめナックル化が出来ることが発見でした。

今後、TOMIXの窯を導入する事もあろうかと思われます。

50系は最初TOMIXかと思われたのですが、カプラーポケットがKATOっぽく、現にカトーカプラーがポン付けされておりまして、よくよく調べて行くとどうやらマイクロエースの筑豊地区を走っていたものをモデル化したセットのうちの4輌の様です。

多客期に増結されたオハフ13も一緒に入っておりまして、しかも5輌とも室内灯整備済みと云う素敵な編成です。

中間のカプラーは当方にてカトーカプラーJP-Aに換装し直しまして、ジャンパ管の表現を追加しております。

先日しばらくぶりに走らせたところ、ちょっと室内灯の光り方がイマイチになってますので、また時間がある時に全バラしにて整備が必要な様です。
こちらの編成の走行シーンはこちらでどうぞ♪

お座敷レイアウト~DD51で全線一周~




やっぱり先人には教わることが多いですね♪

Swallowtail@yahoo?

http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/







    


2015年を入線車輌で振り返る③たから号編。

2015年を入線車輌で振り返るシリーズの第三弾。今回は、コンテナ特急たから号のお話し。

〈4月12日〉EH10



〈4月12日〉コンテナ特急 たから号 9輌



これぞ衝動買いの極みと言っても過言ではございません。

そもそも入線予定が無かったものであります。
本当は前回ご紹介したEH500の相方を探し求めて、もっと言うと、TOMIXのコキ100&101の12輌セットを捜索して阪神地域をぐるぐる走り回っておったのですよ。

しかしまぁそんな素敵なセットがどこにも残っておるはずも無く、最後の頼みの綱の模型店でもあっさり無いよと言われる始末。

しかしながらそこでふとひらめきます。

「EH10ってあります?」

捜索中に見つけた“たから号”のセットを思い出し、EH10があるなら奴らを入線させようと閃いてしまったのです。

幸か不幸か「あるよ」の一言に、さらに一時間のドライブが決定したのでありました。

実物のEH10は、そのヘビーさゆえに甲線でしか運用出来ず、東海道のかごの鳥の様な一生を送りましたが、ウチでは500&200と共にマッスルブラザーズを結成し、貨物輸送を一手に担っていただいております。

このEH10は、ナンバープレートの取り付け中最後の一枚が吹っ飛んで行方不明になると言う憂き目にも遭い、諦めた頃にナンバープレートASSYが見つかると言う奇跡にも立ち会わせてくれました。

その後、このASSYパーツは同じくナンバープレートが無くて困ってらっしゃった方の元へ旅立って行きました。

思えばドラマの多い列車であります。

チキ5000、あと4輌ぐらい欲しいよねぇ…。

調子に乗って2本も作ったEH10の動画はこちらからどうぞ♪

お座敷レイアウト~EH10~

お座敷レイアウト~続EH10~
Swallowtail@yahoo?

http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/

2015年を入線車輌で振り返る②現代貨物編。

あとひと月を切った2015年を入線車輌で振り返るシリーズの第二弾。

今回はEH500から始まる現代貨物のお話し。

〈4月9日〉EH500


〈10月6日〉EH200



〈5月16日〉JAM記念コンテナ車(KATO&TOMIX)



〈11月11日〉タキ1000日本石油輸送色“ENEOS”エコレールマーク付き 8輌


全てはここから始まったと言っても過言では無いEH500。

正直EH10の方が欲しかったんですが、京都のポポンデッタにて運命の中古品購入(笑)

そこからバタバタと貨車が入線するかと思いきや別の大物が先に来てしまい、コキ100系やタキ1000に代表される現代貨物車輌は待てど暮らせど入線せず。

5月に実土佳里さんから記念コンテナ車を二輌いただくまでは、牽引する編成も無くニートレイン化しておりました。
気が付けば、引っ張る列車も無いのにEH200まで来てしまう展開に。

そのままEH200でEH500を牽引して全検回送するしか無い日々でしたが、ようやく11月になってタキ1000のセットが再販され、本職の1つであるガソリン輸送に従事できる様になりました。

結局年内の貨車入線はこれで打ち止めの予定ですが、来年こそはコキをゾロゾロ連ねたいと考えております。

TOMIXの12輌セット、再販してくれへんかなぁ…
EH級電気機関車牽引のENEOSカラー“タキ1000”の走行シーンはこちらをどうぞ♪

お座敷レイアウト~タキ1000日本石油輸送色“ENEOS”~
っつか貨物カラーの64-1000も欲しいなぁ…。

Swallowtail@yahoo?

http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/




        


Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。