スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタマの中がレイアウトでイッパイwww

先日より新レイアウトの事で脳味噌の4割は常に使っておると思うんですが(笑)
そもそもレイアウトとは?とか、どの程度作り込むベきか?と云った根源的かつ哲学的で、どー考えても答えの出ない命題に突き当たってしまい、仕事中も悶々としとりました。



そんな中、いつも巡回しておる鉄模サイトさんを拝見しているうちに、

「(自分がやる分には)そこまでハイスペックなもんや無くてもええんちゃうのん?」

と云う結論に落ち着きました。

鉄模を再開してからぼんやりとアタマに置いていた優先順位がありまして、とにかく最優先は奥さんに興味を持ってもらいつつ走らせる環境を整える事と、好きな車輌群のうち主役級のモノを揃える事が同率一位で、車輌や情景の電飾化や、情景の作り込みなどは結構後ろになります。

で、今回配線やり直しに取り掛かる中で、お座敷と固定式の間を目指してみっかな?と思い当たりました。

ゆったり好きな列車を気ままに走らせながら軽く一杯呑みたい人なんですが、かと言ってパワーパックやポイントのスイッチから出た配線剥き出しで地べたを走らせるのもそろそろ食傷気味やなと。

しかしながらも、細密な情景を作り込む所を始めから着地点にするとハードルが高くなってしまって嫌になるのは目に見えてますので、気軽に付き合える所を探ろうではないかと思うわけです。

勿論、負け惜しみでこう云う事を述べておるわけではありません。

そう遠くない将来、恐らく10年以内に長女が独立するとさらにもう一部屋潰せますので、その際はもっと壮大かつ細密な方向に向いてゆくかも知れません。

もしくは、鉄模そのものに興味が無くなってるかも知れません(笑)



で、肝心の新配線の構想なんですが、アタマの中では9割がた固まりつつあります。
時間を見つけてPCで図面に起こして寸法を検討したら、ぼちぼち動き出そうと思います。

っつか、冒頭で述べた“レイアウトとは?”の部分で面白いなぁと思った事があるのですが、長くなるので別記事で記したいとおもいます。
スポンサーサイト

春が来る前に。新配線に悩む。

先日、無事解体作業が終わりましたウチのお座敷レイアウトですが、次の配線に悩みまくっております。



まずプラン1として、8の字をグニグニひねったエンドレスなんですが、前回よりさらに路線長が伸びるプランを考えました。

部屋のスミからスミまで使い切った配置でして、見ていてバラエティに富んだ情景が展開されそうな配置です。

難点としては、買い足す線路が結構必要な事と、部屋の機能のうちクローゼットの戸が開けられなくなりますので、頻繁に出すものは収納出来ず中身の選別がシビアになります。


ただし、計算上では16輌までは対応出来る駅を構築しますので、ウチの特急編成も余裕を持って運用出来ます。

続いてのプラン2ですが、こちらは本当に単純なエンドレスがベースとなります。

部屋の外枠沿いにいっぱいいっぱいのエンドレスを作り、これを将来的に複々線まで拡張しつつヤードなどを設置出来る使い勝手の良いプランです。

こちらも、長辺のうち片方を駅に使いますので、14輌ぐらいなら自然に停車出来る駅を作れると思います。



なお、こちらのプランに関しては、線形がシンプルな分目線を近付けて、前回より、肉眼で楽しめる方向で思案中です。

条件が、複線・立体交差・長編成対応ですので、駅部分にどうしてもスペースが必要になるんですが、ゆったりしたストレートも捨てがたくてなかなかどっちの方向で行こうか決めかねております。

まぁ、考えてる時が一番楽しいんですよねー(笑)

ED79の走行風景。

さて、先日唐突に入線させたED79を走らせてみます。

最近のKATOの機関車のライトって明るいですよね。(今更)

この辺りの一言で世代がバレそうですね。

それにしても本当に精密に出来てるなぁと感心しきりでして、よう分解出来ません(笑)

前回の81の時は無我夢中でボディを外しましたが、79の全長だとはめ合わせがきついのか外れません。

トワイライトを牽引しながら快調に走る79さん。


折り返しで、今度は北斗星に牽引にあたる79さん。


背景に近作の神社周辺が追加されたんですが、
このあとこのレイアウトは解体されますので、しばしのお別れです。


次回の線路配置でまだ悩んでますが、来月には新たに始動出来ると思います。

↓You Tubeにアップした走行風景はこちら♪↓
http://youtu.be/wP-t4tAB-fE

↓神社周辺の製作風景はこちらでどうぞ↓
http://mahorobatetsudou.blog.fc2.com/

本日の入線報告。

前回のエントリで話しておったお座敷レイアウトの解体が、少し延期になりました。

ワタクシの休みが飛んだのが原因ですね(笑)

そんなワケで、まだお座敷線を展開しておるうちに新規入線車輌の御報告をして行きましょう。


少し前に大はしゃぎでトワイライトエクスプレスの入線報告をしておりましたが、その時のポイントが結構ありました。
(j◯shin万歳♪)

予約特典にて、本体価格から25%offでポイント10%付与でしたので、その分だけで漱石二人分。更にDMに付いていたクーポンにて漱石一人分付いて、大体3300円ぐらいのポイントがございました。

で、当日その場に居れば即入線させようと思っていたコイツを購入です。


ご存知ED79ですね。これでウチの北斗星とトワイライトエクスプレスもとりあえず北海道に上陸出来るようになりました(笑)

付属品を取り付けたんですが、ジャンパ栓パーツは付けませんでした。
っつか出来るか‼︎的な(笑)


車番は7号機を選択しました。
たまたま見た写真で一目惚れですね。

前回パーイチの時にやらかしたメーカーズプレートもしっかり付けました。


あと、ついでに青いオハフ33とオハ35も購入です。



こちらのご紹介はまた別の機会に譲りましょう。

今まで交直流機は所有実績が有ったのですが、交流機は全くの初めてです。

自分はED75やら持っててもおかしくない世代なんですけどね。
不思議と縁がございませんでした。

こうやって改めて見てみると、きゅっと詰まった全長と、ボクシーなフォルムがなかなかチャーミングと申しますか、小型犬の様な愛敬がございます。



75もちょっと欲しいなぁと思ってみたり…。
しかしながら、またもや牽引する列車に困ってしまいそうなので熟慮が必要ですね。

走りや造形のインプレッションは既に旬を外した感もございますので省略いたします。

ところで、あえてどこそこのJ◯shinとは申しませんが、旧型になった方のED79が在庫処分との事で少しお安くなっとりました。

行っちゃおかなぁと少し揺れたんですが、それよりも旧客に気持ちを持って行かれちまいました。


後は青いDD51が2輌入れば終点まで辿り着けますね。
でも最近在庫がある店が見当たらないんですよね~。
まだ行ってないお店で一箇所当てが無くは無いので、給料日明けにでも行って来ようと思います。


一旦解体。

昨年の夏以来慣れ親しんで参りました我が家のお座敷レイアウトなんですが、この度一旦解体する事になりました。



越して来て5年になる我が家なんですが、使い勝手の見直しや諸々の事情により部屋割りを変更する事にしました。

この移動を行うにあたり、現在空き部屋を占拠しているお座敷線を一度退去させ、荷物を疎開させてから入れ替える作業手順を実施いたします。


スターターセットを出して遊んで片付けてと云う程度ならば幾度となく経験しておるのですが、この規模のお片づけはなかなか気合いが必要です。

ついでに出来ることならば線路を磨いてから格納したいんですが、時間が取れるかはやってみないと分かりません。

ただし、作業が完了した暁にはこの六畳間が丸々レイアウトルームに出来る予定です。

そうなると欲が出てくるものでして、現在11輌編成まで対応している駅のホームを一気に14輌、(出来れば16輌)まで対応させたいなぁと密かに計画中です。


ユニトラックで言えばS248×9~10本で対応出来そうなんですが、そうなると部屋を斜めに突き切る駅がドーンとあって、あとは勾配と曲線がぐにぐにぐにと続くだけで面白味が出そうにありません。

また、現在2線のみの本線を出来ればあと2線増やしたいなぁと思ってみたり(笑)

外側に単純な複線エンドレスを組めば行けそうなんですが、もともとの複線との接続も少しアタマを使いそうです。

一先ず今週は、新線の配線で悩んでみようと思います。

客車嗜好の何故?

先日車籍簿を作っていて改めて思ったわけです。

「客車多いなぁ」


機関車に引っ張られて颯爽と走ってゆく特急列車。
旧客で組成されたローカルな普通列車。

客車機関車合わせて保有車輌の半分を超えてきます。

特急のセットものが入線するとまとめて二桁輛数増えますので、勢力が拡大しやすいのは分かります。


しかしながら、例えば国鉄型の特急電車が入線したならば同じ様なペースで増えてもおかしくないわけです。

やはり、客車列車を中心に自ら選んでいるとしか思えません。

では何故この様に偏るのでしょうか?

一つは機関車への憧憬のようなものがあると思います。

子供時代、片町線沿線で育った身としては鉄道と云えば103系であり、たまに目にする機関車と云えば、放出から鴫野の間で見かける貨物を牽くDD51ぐらいでした。

まれに連れて行ってもらう大阪駅でも、新快速の117系や特急用の485系、色違いの103系や湘南色の113系ばかりで、青い特急は基本的には夜中のもの。58牽引のブルトレもあったんでしょうが、出会うことはほぼ皆無でした。

しかし、幼少期はまさにブルートレインブームの真っ最中。
書店にはEF65が表紙の鉄道雑誌で溢れておったわけです。

当時は子供ですので、地元の103より見知らぬ65や58に興味が偏って行ったようです。


もう一つ、思い当たるとしたら使い勝手の点でしょうか?

電車編成だと一々機回しをしなくとも前進後進思いのままなんですが、一方で、動力車が同じ系列の編成でしか使えないという面もあります。

例えば、ウチの動画でよく出てくる80系ですが、アレの動力車が287系だったりするとダダ滑りですね。

それに引き換え機関車は、ある程度時代がブレていなければ問題ない事が多いです。

また、基本的に列車の先頭に動力車が来るので、運転してても安定感があります。
そういった部分でも魅力を感じておったのかも知れません。

だからと言って電車が嫌いなのかと言えばそうでも御座いません。
むしろ103系や207系なんかは充実させて行きたい系列です。


月に山盛り入線させる事は叶いませんが、次はどんな車輌が来るのだろうか?
自分で選ぶのである程度予測は出来るのですが、気まぐれに全く予定してなかったモノを入線させる事もありますので、次回車籍簿に追加される車輌が自分でも楽しみだったりします。

車籍簿。

皆さんは、大事なコレクションの管理をどうされておりますでしょうか?


ネットで色々な方の記事を拝見していると、パソコンでファイルを作ってカッチリ管理なさっている方から買った順に積み上がってるよーとおっしゃる方まで。
人それぞれ様々かと思われます。

自分も復帰当初はスターターセットの4輌しかございませんでしたので、特に何も感じなかったのですが、やはり1輌2輌と在籍車輌が増えてゆくに連れ、これは何らかの形で記録を付けないとワケが分からなくなるに違いないと思い、先ずは手書きで市販のノートにしたためてゆくことにしました。




EL DL PCなど、カタログっぽくジャンル分けをして管理を試みています。



しかながら、ここ1年半で100輌近くの増備を経て、やはり客車に偏る傾向が明らかに(笑)



また、当初想定していなかった貨車の入線もあり、趣味嗜好の急な変化にも柔軟に対応すべく車籍簿のペーパーレス化を図ることにいたしました。


というわけで、奥さんがダウンロードしていたエクセルっぽいフリーソフトを利用します。

機関車に関しては、実車の簡単な来歴なんかも添えましてどんどん記載してゆきます。


ひとまず現有戦力に関しては入力を終わらせます。

ウチの入線ペースを考えれば、一項目ずつを丁寧に編集してもそんなに困らないと思います。


ところで、世間には千輌単位で営業車輌を保有なさっている猛者もチラホラいらっしゃいますが、よくよく考えてみると一編成10輌ほどと考えても100編成単位というわけで。
例えば地域縛りや年代縛りなどで10のシチュエーションがあるとして、そうなると同時にトラック上に存在すべき編成は10本単位となります。


お座敷・固定式・レンタルといった種類は問わず、レイアウトを舞台と捉えるならば脚本に合わせてそれに相応しい車輌をチョイスするならという前提ですね。

もっとも、自分は時代や地域はそこまでこだわりませんが(笑)


そう考えると、2000輌3000輌の保有車輌が存在するとしても、そこまで不思議はないのかな?と思ったりもします。話が逸れましたね(汗)




付帯項目に動画への出演歴(笑)や大掛かりなメンテナンス、室内灯などの装着歴なんかも添えて行ければと思います。




阪急6300系の走行風景。

昨日阪急6300系の入線報告をアップいたしましたが、こっそり貼り付けておいたYou Tubeのリンクが分かりづらかった様で、改めてこちらでお知らせいたします。


お座敷レイアウト~阪急6300系~
http://youtu.be/M_7zMpIt_us


画質も舞台も貧相で、特に手を入れた車輌でもございませんが、笑ってご覧いただければ幸いです。

今回のリニューアルでは塗装も見直しました~と強調してましたが、実際その通りにマルーンの光沢がハンパないです。




やっぱりもう一本欲しいけど、その資金でトワイライトと北斗星を電飾出来るよなぁと思うと踏み切れません。

次の給料までどっちにするか悩みますです。
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。