スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C62山陽形と急行音戸が入線しました。




昨日、待ちに待ったC62山陽形と急行音戸が入線しました。


2月の発表から5ヶ月弱、毎日辛いことがあったらC62が来るからと耐えておりました。


入線記事はこちらをご覧いただくとして、ふと感じた事など。



いやぁね。


鐵道好きと言いつつそんなに幅広く詳しい訳でも無く、今回の増備に関してもC62有りきのものです。


つまり、呉線に詳しいとか音戸に思い入れがあるとかそう言う理由で購入した訳でもございません。


どちらかと言えば機関車のお供として出たから買ってみようと云う不純な動機なんですが、入れてみて感じるのが



「押さえて良かった」



って感想なんですから現金なものです。



非冷房の10系寝台車の屋根が新規金型で~なんて予備知識もさることながら、スハネ30が思いの外カッコ良いのは発見ですね。



狭い窓がずらっと並ぶ様も壮観ですが、乗降ドアの角度のつき方が物凄くカッコよろしい。




屋根上もベンチレーターの配列が独特で、上から見下ろす機会の多い鐵道模型向きのモデルと言えるかと思います。




で、KATOさんの説明書通りに編成を組むと、前半分が古い客車、後ろ半分が10系軽量客車になると云うよくできたお話です。


また、ナハネフ10のドアも銀色で表現され、編成の中で良いアクセントになっております。




増備してゆく車輌の傾向として、どうしても好きなものばかり、或いは知ってるもの身近なものばかりに偏るかと思いますが、今回の音戸の様に入線してからさらに発見が連続すると、やはりこの趣味は奥が深いなぁと思うと共に、本当に気をつけないと底なしの闇が待ちよるなぁと(笑)実感します。



Swallowtail@yahoo?


http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/





スポンサーサイト

もういくつ寝ると…

C62がやって来ますか?(笑)


そしてもう一つ。

EF58の標準色のんもやって来ます。

もっとも、こちらは入荷すぐではなく来週にも店頭在庫を狙いに行きます。

きっとあるさ♪って事で…。


実は本日オクで競り負けまして(泣)。

納得出来る価格で58の青大将ひさし付きが出てたんですが、粘りすぎて負けました…。

その資金の心配が消えたおかげで後期型大窓標準色の増備にも不安が減りました。


それにしても、58って標準色だけはナンバーが5輌分あるんですよね。

KATOの機関車であらかじめ増備を決めておるものについては、メーカー公式にて何号機にしようか考えるんですが、今回は面白い事に選択出来るのが3輌だけです。

設定されておるのが31、53、61、66、69の5種類なんですが、まず31号機はこれのおかげで無しです。


オレンジの挿し色が渋い試験塗装機ですね。

そう言えば、此奴のトラクションタイヤも交換せねば…

で、もう一つ。

今気付いたんですが、61号機…。

61号機…。


61号機????????


ってコレ?


えーっと…

ロイヤルエンジンですか??


っつーことで残りは53、66、69の各機ですが、
なんとなく53か69にしそうです。

53は宮原の、69は広島の機体ですが、どちらも良い語呂なんですよね~。

余裕があるなら2輌行きたいぐらいです。


発売直前、こんな事でウダウダしよる時が1番幸せですよね~♪

Swallowtail@yahoo?
http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/


久しぶりにワクワクしてます。

あゝ…不惑なのにね…

今年の2月に発表された6月度の製品化予告に大興奮しておったんですが、あれから4カ月、一度出荷日が明確に示されたものの一旦6月末調整中に変更され、昨日改めて発売日がアナウンスされております。


東京の総本山なら出荷日即発売開始かも知れませんが、関西やとやはり出荷日の翌日発売ってのが一般的です。

と云うわけで、ワタクシはもともと30日の木曜日がお休みなんですが、ウチの社長に頼み込んで29日の水曜日も休ませてもらおうと思います。

何せ4ヶ月と少しお待ちしておりましたもので(笑)

難を云えばEF58の一般色も同時に発売なら良かったんですが、ここは我慢します。


お目当てがやって来るまでに、まずはお座敷レイアウト部屋を片付けねばなりません。

あんまし散らかしておる自覚は無かったんですが、やっぱり車輌が増えておる分スペースが圧迫されておるようです。

追加のカラーボックスもすでに用意してありますので、早く組み立てて収納スペースを確保せねば‼︎


あと元気があれば新曲も録りたいんですが、こちらは既存の曲を使う事になりそうです。

そうです。動画を撮る気満々ですwww


しかしまぁなんですなぁ。

先日たまたまリサイクルショップで拾って来たHiSEをネタに久しぶりに動画を作りましたが、ウチのトラックでは正直20カットぐらいが限界です。

無理やり増やすことも出来ますが、イマイチ気持ちが乗りません。

もちろん対策も考えてはおるのですが、基本的には根気よくナイスショットを探す事が大事な様です。


はたから見れば、良い大人が玩具ひとつに何をバタバタしよるんやと笑われそうですが(汗)ご理解いただけなくて結構、早くC62をを自宅で走らせたいんや‼︎と云うのが率直な心境です。

まぁ、待ち受けをこんな事にしとる自分を自分で大丈夫?と心配しとるわけですがwww


C62を心待ちにしておる皆様、もうしばらくこのワクワクを味わいましょう♪



Swallowtail@yahoo?


http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/

ふらっとくずはのポポンデッタへ。

少し前なんですが、娘を連れて樟葉のポポンデッタまで行って参りました。
今回は買い物では無くレンタルレイアウトでがっつり運転してみよーってことで。


エキスポシティでも良かったんですが、何だか人酔いしそうで(笑)
エキスポに行くとしたら、夏休みの朝一番を狙いたいなぁと勝手に思い願っておりますwww
今回連れ出したのはこの方々。


KATOの阪急特別企画品コンビ。




偶然ウチに来た、ある意味奇跡の117系。




見え辛いですが、和歌山電鐵のいちごさん。


(たまちゃんは撮り忘れ…)



言うまでも無く和歌山電鐵の2編成が娘用です。


でも、正直このパワーパックはちょっと…



これで鉄コレ走らせると暴走しまくりでした。


阪急とかは問題なかったんで、2輌編成の鉄コレでは負荷が少な過ぎてあかんかったんでしょうね。



ところで、ポポンデッタと言えばレイアウトのメンテナンスがされてなさ過ぎて敬遠されがちですが、樟葉に関してはそうでも無いです。



ちょっと気になったんで、指で線路をなぞってみたんですが、あの黒い線が付くことも無く割と良心的やなと感じました。


で、なんでわざわざポポンデッタなん?と聞かれそうです。


答えはホンマに簡単で


「子連れなんで」


となります。


大型SCなど分かりやすいオープンなところに出店しているお店がほとんどで、家族連れで低学年や幼稚園ぐらいの子供が居ることが多いので気を遣わなくて良いですし、周りに居るオタクもそんなに困った人が居ないので年頃の幼女連れでも安心です。


まぁ、ワタクシの模型仲間さん達は常識人が多いのでそこまで気を遣わなくてエエんでしょうが、“なんと無く電車が走るのが楽しいだけ”の小学生低学年女子をディープなレンタルレイアウト専業のお店に連れて行ったりするのは抵抗があります。


ポポさんならレイアウトの線形も至ってシンプルですし、運転させるにしても気楽です。



もう少し大きくなったらもっと本格的なところにも連れて行きたいんですが、まだまだそこまでの興味は無さそうなので当分は無理そうです。


Swallowtail@yahoo?
http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/





TOMIXのHiSEが入線しました。

@yahooではすでにお話ししたんですが、昨日TOMIXの小田急HiSEロマンスカーが入線しました。


最近オープンしたリサイクルショップにて拾って来たんですが、実はあと2セットほど別のセットがございました。

一つは色が抜けまくったKATOの651系“スーパーひたち”、そしてもう一つはTOMIXの新幹線300系の基本8輌でした。

8輌セットで1輌あたり500円弱の値付けでした。
書いてしまえばそれだけの事なんですが、面白かったのはこれらが突っ込まれていた棚の中です。

いわゆる島什器のスパン1200ミリぐらいの棚一枚分のところに、仕切りが二つ付いて3つに区切られたカゴ型の入れ物の中がNゲージコーナーになっとりまして、そこに置かれた商品群が、TOMIXの白い筐体のツーハンドル型トランジスタコントローラーやら茶色い道床の線路やら超ロングセラーの井中駅やら建て売り住宅やらわらぶき農家やら…
恐らく一人で全て持ち込んだかのようなラインナップでした。

きっとレイアウトを作るつもりやったんでしょう。


こんなのもありました。


とても他人事ではございません。

よくあるハナシですが、きっと前オーナーは自分と同年代やろなぁと。

なんとなく20代までは興味が続いてたんやけど、仕事や家庭に時間が割かれて興味そのものも薄くなり、ええ加減邪魔やから処分して‼︎と嫁に怒られ泣く泣く持ってきた的な(あくまで妄想です)やりとりが想像できます。

大げさに言えばそんな前オーナーの無念のような物も一緒に引き継いだと考えられなくもないわけで、値段が手軽だからとぞんざいに扱うワケにも行かんなぁと改めて感じました。


まぁ、そんなにヘビーに考えすぎず、楽しく走らせればそれでええんでしょうけどね~♪


というわけで、楽しく走らせておる動画を久しぶりに作製しましたのでこちらからどうぞ♪

お座敷レイアウト~小田急10000形HiSE“ロマンスカー”~
https://youtu.be/Yy3QZRUmsLg

Swallowtail@yahoo?
http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。