スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年を入線車輌で振り返る⑧現代貨物編。



毎週お届けして参りました今年の振り返りシリーズもとうとう最終回です。


つまり、本年も今日でおしまいという事で。



7月21日 コキ102&コキ103




7月27日 コキ350000




7月28日 コキ102&コキ103



11月17日  コキ107



11月24日 コキ50000(グレー台車)




12月5日  EF510(JRF色 シルバー)











12月5日 コキ106











12月11日  コキ107



12月14日  コキ106






長らく放置されておった当鐡物流問題ですが、ようやく今年、しかも夏以降にコキを入線させ始めました。


結果として、コキだけで24輌が入線しております。


そう、一度手を出したが最後、抜け出せない泥沼に引きずり込まれつつ本人はライオンに襲撃され絶命する寸前のインパラの様な恍惚の表情を浮かべ、更に悪いことには完治の見込みも特効薬も無い不治の病と呼べる“コキ感染症”に罹患してしまった模様です。


今までもコンテナ特急“たから号”が入線しておりましたが、これに関してはどちらかと云うと古い特急列車と同じ感覚で捉えております。


この病、コキを揃えるだけならばそんなに深い問題はございません。


タチが悪いのはコレです。




上に載るコンテナのバリエーションがえげつないので、キリなくコンテナが増えてしまう“コンテナスパイラル”が発生しがちです。


“しがち”っつーかもう発生してますね(笑)



色々なコンテナがダラダラ並んでるのが楽しいので、“◯月△日◯◯◯◯レ再現”とかはやりません。


そこまでやり出したらちょっとワタクシのキャパシティを超える気がします(笑)


それにしてもEF510の銀釜は予想以上にカッコ良いですね。



好き嫌いははっきり分かれそうです。


恐らく国鉄好きの人はカシ釜時代よりJRFに来てからの方が好みやとおっしゃる方も多いんや無いでしょうか?


今年のJRF機はこのゴトーさん1機だけですが、ウチにはEH200&500のマッスルbro's次男坊と三男坊が居てますので、貨物輸送には困らない感じになって来ました。


こうなったらEF200とか210、更にはロクヨンセンとかも視野に入って来そうですね。



突然始まった貨物輸送の増強作戦…。


あーあ…。


やめときゃ良かったよねwww




ご覧の皆様におかれましては、今年も大変お世話になりました。


8回にわたりお送りして参りました振り返りのシリーズですが、今年の入線数は、年末滑り込みでやって来たD51まで全て合わせて112輌でございました。


12月28日 D51標準型(長野式集煙装置付)




連れてくるだけ連れて来てほとんど走らせてない様な気がします。


もっと時間が欲しいですね…。


ストレスだけが溜まって行く悪循環でございます。


来年も外に出て行く機会はほとんど無いと思われます。


どっかの貸しレに行きたい気持ちをグッと抑えましてあと1年ちょっと、頑張りたいと思います。


それでは皆様、良いお年を♪


Swallowtail@yahoo?


http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/










スポンサーサイト

恐ろしく久しぶりに貸しレへ。


昨日はお休みが急に入れ替わりましてたまたま家族の用事と重なりましたもので、お子さんと娘がご用事を済ませておる間の時間を利用してくずはのポポにてコキタキ三昧の時間を過ごしておりました。


さすがに年末という事で、予約もせずに飛び込みで入って空いているのが高架線2線と地上線が1線のみ。

座席も下段のいちばん通路側です。
お隣では小学校低学年ぐらいの男子がお婆ちゃんと一緒に来てはりました。

今回連れ出したのはマッスルbro'sの二機(EH200&500)とタキ8連、そしてコキ24両(笑)


ポポでもどこでもええんですが、ある程度の長さが取れる直線を持つ貸しレの魅力は長編成を走らせられるところですよね。

自宅ならコキ1キャスコでお腹いっぱいですが、貸しレならコキ2キャスコでちょうど良い感じです(笑)


以前にも書きましたが、ポポで走らせる最大の魅力はギャラリーです。

こういう所で走らせるなら、分かりやすい有名な編成かインパクトのあるコキの長編成がええなと思っておりました。

ようやくコキを見せることが出来ましたね。

今回は運転席が通路そばでしたので、チビちゃんが見に来るのがダイレクトに分かります。

「長~い!」とか「コンテナ綺麗やね~♪」とか言ってもらえるとほんわかしますなぁ。

隣の男子もコキを走らせてはったんですが、どうやらハートを鷲掴みに出来たようです。

ただしここの地上線は待避線が11輌分ぐらいですので、コキフル編成を組むと列車の入れ替えは叶いません。

後半は泣く泣くコキを減車してタキと交代させながらの走行となりました。

これなら新幹線に対応させておるのであろう高架線借りても良かったなぁと感じました。



で、走行終了後、今年最後にやっちゃいました。



買って後悔する方が良い!を地で行くような一年でしたね(汗)




Swallowtail@yahoo?


http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/



鬼に笑われる覚悟で来年以降のお話をしてみます。


ご覧の通り、来年のカタログを頂戴しました。


その愉快な内容の一端はこちらでご覧いただくとしまして、ふと気になったもんで今年のFC2の更新頻度をチェックしてみたところ、この直前までで47件の記事をアップしておりました。


もっと放置気味かな?と思っておったんですが、おおよそ週に1本はなにがしか書いてたんですね。


まぁ月に1本しか記事が無かったりする事もございましたが…。


現状完全なお休みが週に一度で、その休みも長期休暇以外は娘の送迎が入りますので、事実上模型に触れるのは週に数時間程度。


そら車輌買いましたの記事ばかりになりますよね。



ただいま今年の車輌入線振り返り記事を週一でアップしておりますが、ようやくラインナップが充実して来たかな?と感じております。


年が明けてからも予約品やKATOの予告品で欲しいものなど、やっぱり増備はやめられない情勢ですが、今年ほど早いペースでは無くても良いかな?もっと言えば、路線増やされへんかな?と。



先日お座敷レイアウトの地上部分のカーブを、カント付きの複線線路のR315/282のものに交換したんですが、R348とR315で複線を組んで居た頃に比べて外側に余裕が出ましたもので、ノーマルなR414/381のセットでもう一丁複線が作れそうやなぁと良からぬ考えが頭をもたげて参りました。


現状設置している外側単線に関しては、配線を改良してローカル単線として残し、単純なもので良いので新たに外側複線を設置すれば、稼動できる編成が一気に増えますね♪


カテゴリや時代ごとの縛りで走らせればかなり効率的な運用が出来、復帰してからの3年で揃えた車輌群も活き活きとさせる事が出来るでしょう。


現状、単線と複線に留置線を組み合わせて一度に引っ張り出せるのが7編成です。


これに複線を加えればそれだけでプラス2本、2面4線の駅を置けば更に2本、同じように入れ替え用の留置場を作ればこの数は更に増えます。


短編成を入れても同時に11本を出せますし、5本は同時に走り回っている計算になります。


また、走らせる車輌・編成によって路線のシチュエーションを変えられますので、くねくねと複雑な線形を走らせたいものは内側複線、ゆったりと長い編成を眺めるなら外側複線、ローカルな短編成なら単線と棲み分けをさせることもできます。



更に言えば、これらを渡り線で連絡させるのかどうかも課題として浮かび上がって来ます。


貸しレみたいにバラバラに走らせても問題無いですしね~。


いずれにせよ、もう一年現在のようなバタバタした生活が続く予定ですので、ちゃんとしたレイアウトの配線が決まるまではあと何年か掛かるでしょうね。


Swallowtail@yahoo?


http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/



2016年を入線車輌で振り返る⑦70's~80's あの時代の車輌達編。


皆さま、本日のクリスマスイブはいかがお過ごしになりますか?


ワタクシは絶好調にお仕事であります。


まぁ毎年の事ですので特にどうと云う事はございませんが…


今日は少し長めになるかも知れません。


2月27日  EF81






3月31日 117系6連






4月13日 DE10



7月12日  12系客車6連










7月14日  EF66





8月4日  EF65-1000



今まで手を出してなかったのが不思議な車輌達が今年一気にやって参りました。


特に65-1000とデーテンは待望の入線でした。


12系も機関車好きの当鉄では大活躍間違いなしのオールラウンダーです。


そもそもはEF57のために入線させたんですが、何でしたらED16でも牽引オッケーと云う頼もしいヤツです。


そう言えば12系と50系の離合とかやってないですね。


また機会があればやりたいなぁ。


ところで、EF81はとっても意識の高い存在、自分への誕生日のご褒美(笑)でした。


私にとっての高級スウィーツがTOMIXのEF81…(汗)


仕事中に抜け出して店頭で試走までしちゃう不良社員っぷりも全世界に晒してしまいましたwww




何年か前に映画にまでなった浦沢直樹氏の漫画“20世紀少年”ってのがありましたね。70年の大阪万博の頃に小学生だった世代の脊髄に直接訴えかける様なストーリーでした。


ワタクシが生まれたのが76年なので、世代としては一回りと少し上の方々にハマるお話しやったかと思います。


では我々にとってのど真ん中とは?


恐らく81年のポートピアの後から90年の花博の前ぐらいまでが懐かしい子供時代となるのでしょう。


実はこの時代、1983年に子供の世界で革命が起きます。


そう、泣く子も黙る任天堂“ファミリーコンピュータ”が発売されたのです。


全国のおもちゃ屋から四角いボタンのファミコンが消え去り、泣く泣くセガのSGシリーズに流れたと云う苦い思い出(笑)


焦らなきゃ丸いボタンのファミコンが手に入ってみんなと同じゲームで遊べたんですけどね~。


マリオブラザーズ、スーパーマリオブラザーズ、エキサイトバイク、1942…


でもドラクエとかゼルダの伝説にはなびきませんでしたね。


友達んちに行ってサササッと遊べるのが良かったみたいです。


そんな子供時代の記憶として脳裏に焼き付いているのが大阪駅で見た117系の新快速。


子供心にずーっと乗っていたいと思う近郊型電車。


当時特急用に開発された185系とそんなに大差の無い作りであると知り、そら豪華やわと納得したのはもっと大きくなってからのお話しです。


特に10歳前後の子供時代は、時代背景によって呼び起こされる風景は様々でしょうが、大多数の方々にとってキラキラとしたゴールデンエイジである事に変わりはないはずです。


その時代に一線で活躍していたのが今日ご紹介した車両達で良かったなぁと。


記憶として呼び戻されるのがアレとかアレやと風情が無さ過ぎますからね…



さてさて、今年も残すところあと1週間です。


何かと落ち着かない年の瀬でございますが、皆さまお身体には気をつけて、一先ず今日はサンタさーんなんて浮かれて過ごしましょう♪



Swallowtail@yahoo?http://blogs.yahoo..jp/koasarocks619/

2016年を入線車輌で振り返る⑥私鉄車輌編。


気がつけばすでに12月も半分を過ぎてしまいました。


年を追う毎に時間の流れが加速していって追いつけなくなって来ました。


参るなぁ…


2月24日 和歌山電鐵2270系“いちご電車”












6月9日小田急10000系HiSE“ロマンスカー”








これだけ?


はいこの2本だけでしたwww


基本的にKATOやTOMIXしか手が出ない人なので、MicroaceとかGreenMaxとかの車輌はウチにはほぼほぼゼロです。(マイクロエースの50系客車4輌のみです)


なので自然と私鉄車輌が増えるペースは限られて参ります。


もちろんアレとかコレとかソレとか候補だけは沢山ありますが、資金には限りがございますもので…



そんなワケでなかなか増えないジャンルではございますが、和歌山電鐵の2270系シリーズは揃えたいなぁなんて思っていたりもします。




ご覧の通り、昨年のたま電車がコトの始まりなんですが、毎年一本増備するペースになっております。


このノリなら、来年はおもちゃでんしゃかな?(笑)


梅干し電車なんて出た日にはもう…




HiSEはそれはそれは立派な衝動買いなんですが、きっかけは生活圏に新しいリサイクルショップがオープンした事でした。


ホビーって看板出してはるけど鉄道模型はあるの?と覗いたのが間違いの始まりでして、オープンから1週間経った頃合いでもまだまだ懐かしい商品が並んでおりました。


セットものではKATOの日焼けがひどい651系とかTOMIXの300系新幹線の基本だけとか、何だか惜しいのと一緒に居たのがこのHiSEでした。


「いつかはロマンスカー」とも思っておりましたので、今時の電気機関車よりはるかに安い値付けで持って帰る事が出来たのは幸いでした。


NSEやVSEなど、欲しいロマンスカーがちょいちょい出てたりもしますので、チャンスがあれば増やしたいところです。


この記事を編集していて気付いたのですが、どちらも見事に赤と白のカラーリングですね。


もともと赤は好きな色なので、無意識に選んでしまっていたのかも知れません。


さてさて次回と次々回で今年の振り返りがおしまいです。


書くのに時間がかかるテーマが2つ残ったなぁ…



Swallowtail@yahoo?


http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/








2016年を入線車輌で振り返る⑤旧型客車編。


入線車輌で今年を振り返るシリーズも第5弾ですね。
旧型客車編とあらためて言うと、こないだの音戸は?なんて言われてしまいそうです。
まぁ、アレは別格です(笑)

3月24日 オハフ33 オハ35 マニ36










3月27日  スハ44系特急“はと”青大将




5月5日 スユ15



スユ15を旧客にカテゴライズするかどうかは意見が分かれるところですが、ここに入れておかないとのちのち困ったことになっちゃいますので今回一緒にご紹介いたします。



音戸をよけると意外と少ない入線数かな?と思います。


そもそも古めの機関車と客車が好きな人のハズなので、一年かけてこんなもんやの?と云う気もしますが、後日お送りするカテゴリの車輌が増えたのと、茶色い旧客が結構溜まっていたことも一因かと思います。


そんな中、来春にはこんなのが出ます。



ようやくKATOからオハ61系が出てくれます。


TOMIXのんを買おうかな?とまで考えていたのでこれは朗報です。


KATOで出るんやったらそっちの方がエエので…


ちなみに単品で旧型客車ってのがどれぐらいあるのかな?と思い確かめたところ、スユ15とマイテ49を入れて14輌ございました。


柔軟に組成して運用出来るものですので、7輌ずつ2本と考えるよりは3~4輌で何本か組成して使えると見て良いのでしょう。


2軸貨車と組み合わせることも出来ますしね。


ところで、郵便車や荷物車に手を出し始めたのは今年の新しいトピックと呼べます。


今までも半分荷物車ってのは在籍しておりました。


安芸のセットに入っていたカニ38なんてのもございましたが、純粋な荷物車や郵便車を単品で導入したのは初めてでしょう。


古い年代の長距離列車を組成するには必須のアイテムですので、これからもスキがあれば拡充したいモノです。


来年のつるぎのセットに入るマユ35も楽しみですね♪




そして我が家では初のオークション経由で入線したスハ44系“はと”。



茶色いマイテ38のセットをつばめにしておりますので、青大将は“はと”が良いなぁと思っておりました。


ただし、あまりにも出物を見かけないので私には縁がないのであろうと諦めておりました。


そこにやって来たこの編成は、オークションで落札する過程も含めて大変な高揚感を覚えるものでした。


オクでガンガン落札なさる方のお気持ちが、ほんの数ミリ程度ですが分かった様な気がします。


電車を増やすべきかな?とか年代的なバランスを考えた方がエエのかな?と思っていた時期もございますが、最近は“機関車好きやからしゃあないやん”と開き直っている傾向もございますので、今後も客車は適宜増えてゆくのだろうなぁと考えております。


Swallowtail@yahoo?


http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/













2016年を入線車輌で振り返る④フリーランス車輌編。


とうとう12月、師走に入りました。


40代に突入してから、時間の流れが更に加速している様な気がします。


さてさて、今年の入線車輌を振り返るシリーズの第四弾、今回はフリーランス車輌と申しますか、ズバリTOMIXのCタイプディーゼル機関車と、お供にするために揃えたタム500のお話し。


4月28日  Cタイプ小型ディーゼル機関車&タム500







正直自分でも入線させるとは夢にも思っていなかったCタイプディーゼル機関車。


きっかけは他人様の記事を拝見して欲しくなっちゃったってのが真相でして、言うなれば衝動買いもエエとこなんですが、この機関車はナメてるとエラい目に遭います(笑)


このロットからフライホィールが搭載されたとかで、確かにちっちゃな円筒状の塊がモーター軸につながったはります。


オリジナルは大変古い設計のはずなんですが、ひとたび床板を外してみれば、この小さなボディに必要なモノを全て納めたよく考え抜かれた設計であることが分かります。



実は、ダブルクロスの通過時のみ挙動が怪しい瞬間が有るのですが、それとて軸距の短さ故の宿命の様なもので、気にしなければどうと云うことではございません。


そんなちっちゃな事がどうでも良くなるのがそのパワー。


今年の9月にCタイプの牽引力調査を行なったんですが、有る程度繋げたら坂の途中で止まるのかと思いきや、こちらの精神的にキツくなって終了と云う意外な結果に驚きました。



ただしこのCタイプディーゼル、小型という割にDD51よりボリュームがあると言う、スケール的に1/150から絶妙にズレた大きさがございますので、タム500などのTOMIX製の“タイプ”と注釈が付いた2軸貨車と一緒にのんびり走らせるのが、酒の肴には1番お似合いなのかも知れません。



Swallowtail@yahoo?


http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。