FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所属車輌のおさらい。

先日の急行“音戸”やC62、そして58に66に12系の入線を受けまして、ちょっと所属車輌を確認してみました。


さすがに客車ばかりがドサっと増えまして(汗)単品を入れると夢の100輌超えです。


一時期是正されつつあった偏りが復活しております。
もう“機関車が好きなんだから仕方が無い”と開き直るしか無いのかもしれません…


で、客車のセットなどを中心に編成をまとめて行き、一緒に走らせても違和感が無いであろうグループを仕分けして行きます。
具体的には

  • a=戦後~動力近代化まで→6編成

  • b=動力近代化~国鉄民営化まで→9編成

  • c=JR以降→5編成

  • X Y Z =私鉄車輌→3種計5編成


となります。

ちなみに、世代をまたがって走る編成については重複してカウントしております。

3年かけてコツコツ集めたんですが、思ったよりは暴走してなかったんやなと再認識しました。

やはりこの世界、日本の鉄道の歴史自体が140年と少し、日本型Nゲージが登場してからでも50年ちょっと経ちますので、油断するとあれもこれも無秩序に欲しくなって来ます。

限られた予算内で自分が本当に欲しい、手元に置きたいと思えるものを確認するために、不定期ですが振り返りを行うようにしております。

しかしながら、突発的にこんな掘り出し物を見つけると、すぐに奥さんの顔色を窺ってしまう意志の弱さも拭いきれていません。


リサイクル屋さんとかはしばらく近づかない様にしましょうか…(笑)



車籍簿を振り返る理由はもう一つございまして、現状の路線数で良いのか?場合によってはテコ入れが必要なのかを判断する材料にもしております。




これについても、闇雲に線路を増やしても実情にそぐわなかったりしますので、必要に応じて変更できる様にしております。



実際に、和歌山電鐵の2編成をきっかけに短い単線を追加しました。




この単線については後日改修予定です。


現状では使いづらいですね…。


実は車輌に対して路線が不足気味になりつつあります。



今すぐには対応出来ませんが、そのうち路線を増やさねばならないでしょうね。



ともすれば、熱くなりすぎてあとさき考えずに増備に走ってしまいそうになるのを冷静に抑えてくれる車籍簿と云う存在。


今後もちゃんとつけなあかんなぁと再認識する今日この頃です。



Swallowtail@yahoo?


http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。