スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年を入線車輌で振り返る③C62山陽型と急行“音戸”編。


※画像はC62の1号機です。



来週から師走ですね。


今年もあと1カ月、年末年始も絶好調にお仕事ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。



さてさて、入線車輌を通して今年を振り返るシリーズも第三弾まで参りました。


今回は、上半期最大のトピックであった急行“音戸”ご一行様です。


6月29日 C62山陽型“呉線”



6月29日 寝台急行“音戸”




いつ見てもC62カッコいい…


入線時にも書いたんですが、新世代のC62のイメージが東海道型で止まっておりましたので、線形にアップダウンがあってもこんなにしっかり走るのかと感激しました。



ただ、先台車の軸距が長いのがどうしようも無いところで、ホントに特定の条件下でのみ脱線します。


コレはウチのレイアウトのみのマニアックな事象かと思われますので、保線次第でどうとでもなろうかと考えております。


まだまだ店頭に残っているお店をちらほら拝見しますので、欲しい方はお早めに。



そして後ろに連なる音戸のご一行様。


このセットは潔い構成で良かったです。


呉線シリーズの前作“安芸”が、組み合わせ次第で2つの年代を再現しようとして、結果ごちゃごちゃっと入り乱れてしまったのが勿体無い限りでしたので、今回の様に基本・増結で順番に繋げれば綺麗にフル編成になるのはありがたいです。


編成中、特にスハネ30は良かったですね。



少し年代が上すぎて、この年代の三等寝台車と言われてもピンと来なかったんですが、屋根上から眺める事の多いNゲージの場合、KATOは何で今までモデル化して無かったんやろ?と思うぐらいインパクトのある車輌です。




同じくスハネ30が収録されている来年2月予定の急行“つるぎ”もついつい予約してしまったぐらいです(汗)



頑張って働かなあきません(笑)


更に個人的には、夜行の急行列車と云う部分に少し興味が拓けたのは良かったのかな?と。


古い年代の列車の方が好きなんですが、どちらかといえば花形の特急列車に嗜好が偏っていて、本来庶民にもっと近い存在であった夜行急行にはとんとご縁がございませんでした。


あの時代、自由席の席取りのためにホームを人が埋め尽くす風景ってのに恐ろしいほどの熱気を感じます。


まぁ記録でしか触れる事のできない世界なんですが…


このシリーズに凝り始めると、走らせる場所を考えないと一気に醒めてしまうのでは無いか?との不安があります。


のびのびとフル編成を走らせる事のできる良い線形のレイアウト。


ひょっとすると、永遠の課題なのかも知れませんね。



Swallowtail@yahoo?


http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/





















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。