スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐ろしく久しぶりに貸しレへ。


昨日はお休みが急に入れ替わりましてたまたま家族の用事と重なりましたもので、お子さんと娘がご用事を済ませておる間の時間を利用してくずはのポポにてコキタキ三昧の時間を過ごしておりました。


さすがに年末という事で、予約もせずに飛び込みで入って空いているのが高架線2線と地上線が1線のみ。

座席も下段のいちばん通路側です。
お隣では小学校低学年ぐらいの男子がお婆ちゃんと一緒に来てはりました。

今回連れ出したのはマッスルbro'sの二機(EH200&500)とタキ8連、そしてコキ24両(笑)


ポポでもどこでもええんですが、ある程度の長さが取れる直線を持つ貸しレの魅力は長編成を走らせられるところですよね。

自宅ならコキ1キャスコでお腹いっぱいですが、貸しレならコキ2キャスコでちょうど良い感じです(笑)


以前にも書きましたが、ポポで走らせる最大の魅力はギャラリーです。

こういう所で走らせるなら、分かりやすい有名な編成かインパクトのあるコキの長編成がええなと思っておりました。

ようやくコキを見せることが出来ましたね。

今回は運転席が通路そばでしたので、チビちゃんが見に来るのがダイレクトに分かります。

「長~い!」とか「コンテナ綺麗やね~♪」とか言ってもらえるとほんわかしますなぁ。

隣の男子もコキを走らせてはったんですが、どうやらハートを鷲掴みに出来たようです。

ただしここの地上線は待避線が11輌分ぐらいですので、コキフル編成を組むと列車の入れ替えは叶いません。

後半は泣く泣くコキを減車してタキと交代させながらの走行となりました。

これなら新幹線に対応させておるのであろう高架線借りても良かったなぁと感じました。



で、走行終了後、今年最後にやっちゃいました。



買って後悔する方が良い!を地で行くような一年でしたね(汗)




Swallowtail@yahoo?


http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/



鬼に笑われる覚悟で来年以降のお話をしてみます。


ご覧の通り、来年のカタログを頂戴しました。


その愉快な内容の一端はこちらでご覧いただくとしまして、ふと気になったもんで今年のFC2の更新頻度をチェックしてみたところ、この直前までで47件の記事をアップしておりました。


もっと放置気味かな?と思っておったんですが、おおよそ週に1本はなにがしか書いてたんですね。


まぁ月に1本しか記事が無かったりする事もございましたが…。


現状完全なお休みが週に一度で、その休みも長期休暇以外は娘の送迎が入りますので、事実上模型に触れるのは週に数時間程度。


そら車輌買いましたの記事ばかりになりますよね。



ただいま今年の車輌入線振り返り記事を週一でアップしておりますが、ようやくラインナップが充実して来たかな?と感じております。


年が明けてからも予約品やKATOの予告品で欲しいものなど、やっぱり増備はやめられない情勢ですが、今年ほど早いペースでは無くても良いかな?もっと言えば、路線増やされへんかな?と。



先日お座敷レイアウトの地上部分のカーブを、カント付きの複線線路のR315/282のものに交換したんですが、R348とR315で複線を組んで居た頃に比べて外側に余裕が出ましたもので、ノーマルなR414/381のセットでもう一丁複線が作れそうやなぁと良からぬ考えが頭をもたげて参りました。


現状設置している外側単線に関しては、配線を改良してローカル単線として残し、単純なもので良いので新たに外側複線を設置すれば、稼動できる編成が一気に増えますね♪


カテゴリや時代ごとの縛りで走らせればかなり効率的な運用が出来、復帰してからの3年で揃えた車輌群も活き活きとさせる事が出来るでしょう。


現状、単線と複線に留置線を組み合わせて一度に引っ張り出せるのが7編成です。


これに複線を加えればそれだけでプラス2本、2面4線の駅を置けば更に2本、同じように入れ替え用の留置場を作ればこの数は更に増えます。


短編成を入れても同時に11本を出せますし、5本は同時に走り回っている計算になります。


また、走らせる車輌・編成によって路線のシチュエーションを変えられますので、くねくねと複雑な線形を走らせたいものは内側複線、ゆったりと長い編成を眺めるなら外側複線、ローカルな短編成なら単線と棲み分けをさせることもできます。



更に言えば、これらを渡り線で連絡させるのかどうかも課題として浮かび上がって来ます。


貸しレみたいにバラバラに走らせても問題無いですしね~。


いずれにせよ、もう一年現在のようなバタバタした生活が続く予定ですので、ちゃんとしたレイアウトの配線が決まるまではあと何年か掛かるでしょうね。


Swallowtail@yahoo?


http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/



宅飲み運転会にて。

@yahoo?でも記事にしたんですが、昨晩は空コキ駆逐記念も兼ねて(?)自宅で1人宅飲み運転会をしておりました。



在庫の関係で画像のスクリュードライバー1本だけで我慢したんですが、ブログ用にパチパチ画像を撮るのみで、あとは3線上を走り回る貨車達をボサッと眺めていました。



客車や電車、気動車でも編成が固定されておるような列車は、ともすれば型式だけでなく車番までこだわって組成なさる趣味人もいらっしゃいますが、貨車はコンテナの積み方やコキの組成などの最低限のルールさえ守っておればかなり自由に編成を組めるのが良いところですね。



また、最近の機関車が牽く様なコキは現在12輌が在籍しておるんですが、20輌ぐらいまでは繋いでしまっても問題ないですし、実車同様ゆっくりダラダラと走らせても絵になりますので、大人がアルコール片手にのんびり走らせるのには最適かも知れません。


旅客輸送の花形であった客車特急なんかを手元に集めようとなったら、やはり牽引機や組成されておる型式にはこだわらざるを得ませんが、趣味に対して肩の力を抜きたい時もありますからね~。





そんな時、上の画像の様なタキやホキの単一型式の編成もなかなか愛嬌があって和みます。

こやつらはもう少し、いや、この倍ほどに増やして長さを足して、もっとダラダラ走る事が出来る様にして上げたいです。

何時になるやら分かりませんが…。

前回お話しした単線の改修と云い突然やって来たコキスパイラルと云い、最近は鉄道模型に熱気よりも癒しを求めている気がします。

この辺りの心境の変化は、実年齢と復帰してからの期間が関係しておるのかも知れませんね。


Swallowtail@yahoo?

http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/

お座敷レイアウトの単線を改修。

8月はPFの入線記事のみで終わってしまいました…。



バタバタしているとあっという間に時間が過ぎますね。


さてさて、@yahoo?には後日掲載するのですが、お座敷レイアウトに追加しておった単線を改修しまして、路線長を延伸しました。

正直、本線と比べるとダイナミックさに欠けいつしか廃線の危機に瀕しておったのですが、短編成専用路線としてようやく命を吹き込む事が出来ました。





架線柱どうしようかな?とか考え中なんですが、まずはY字ポイントで構成された待避所をどうするかを考えた方が良さげです。




駅にしたり有効長を伸ばしたり、いずれにせよ少し線路を買い足すことになります。




兎に角生きている本線を増やしたくて施工したのですが、3線以上のレイアウトがこんなに面白いとは思いませんでした。




もちろん貸しレで沢山の列車が走る様子は見た事がありますが、すれ違うのは他人様の車輌ですし、自宅となるとハナシは別です。




複線の2線だけで運用しておると、場合によってはしばらく目の前に列車が居ないと云う事が発生するのですが、此処にマイペースな列車が一本増えるだけで随分と活気が出ます。




4分の3拍子の様なもので、単調な8ビートに有機的なリズムが加わることで目の前の動きがぐっと変わってきます。




実は本線の線形に少し飽きて来ておりまして(苦笑)今後どうしよっかなぁ?なんて考えていたんですが、このカタチならウチの列車の運用範囲やパターンが増えそうです。




欲を言えば高架の複線があれば完璧なんですが、そこまでやるなら固定式にしない?とも思います。


いつもの事ですが、考えてるウチが1番楽しいんですよね~♪




Swallowtail@yahoo?


http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/



コキという名の魔物。

この辺からスタートしまして、こんな感じになりまして現状こんな感じです。

はい、コキウィルスに冒されたようで、コキスパイラルにハマってしまいました…

ドサクサに紛れてCASCOデビューまでしてしまう始末。


何だかなぁと(笑)

それにしても、どうしてコキってこうも魅力的なんでしょう?


これは貨車全般に言えることですが、ちっちゃい頃に大好きだった働くクルマのイメージを引きずってるのかな?と思うわけです。


客車や電車は曲がりなりにもお客さんを乗せて走るわけで、程度の差こそあれ一応は旅客事業としての機能を果たすわけです。

もちろんそこに魅力が生まれるわけですが、やはりよそ行きの顔で客扱いを行うわけですね。


それに対して荷物を運ぶのが目的の貨物輸送は、コンテナの中側はともかく外身に関しては汗と泥と油にまみれた雰囲気がなんとも言えない“仕事”を感じさせる雰囲気があります。

そして積荷のコンテナもやたらとカラフルになり、個性を主張してきます。

また、今や“長編成の機関車牽引列車”と云うわたくしの個人的なツボが、コンテナ列車でしか見ることが出来ないと云う事情も相まって、火が点いたら延焼するのは速いだろうなぁと思っておりました。



ここ一週間と少しですっかりコキにまみれてしまいましたが、皆様より頂戴するのは優しいお言葉ばかり。

まとめると



「コキ地獄へようこそ♪」






とのメッセージを沢山頂きました(汗)

ひとまず基本的なところまでは一気に到達したかと思います。


この後はどこまで深みが増すのか?

今年の終盤にかけて、欲しいものがあと1輌だけなので、サプライズ的な発表がない限りは予定がございません。

条件は揃っちゃいましたね…(滝汗)

Swallowtail@yahoo?
http://blogs.yahoo.co.jp/koasarocks619/
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。